2013/08/26

誕生日は周りの人たちに感謝をする日



本日、8月26日で29歳になりました。

20代って言えるのもあと1年かーと思いつつ、自分が過ごしてきた20代を振り返ると、色々とあったなと思いながら、あと1年を過ごしていければと思います。

先日友人と話をしていた時に、8月が誕生日の人たちは幼少期に周りがみんな夏休みで出かけてるから、気づいたら誕生日を祝われずに終わったり、二学期で登校した時に「そういえばこないだ誕生日だったねー」みたいなことを言われる経験を持ってるから、夏生まれな人たちは自分で誕生日祝いにかこつけてイベントや飲み会とかを企画する癖が多いんじゃないか、みたいなことを話をしてて、なるほどーと思ったところでした。たしかに、今までの自分を振り返ってみても、夏の自分の誕生日というものをどこか特別なものだと感じ、何かせっかくなら企画なりをしなきゃ、みたいな思いがあるなと、その話をしながら思ったところでした。

この20歳から今までを思い返すと、20代の前半は自衛隊にいて毎日訓練ばかりで過ごし、ちょうど8月の終わりのこのシーズンは訓練が最も厳しい時期でした。20歳の誕生日の時は始めてカエルやにわとりをさばいたことも、今となっては良い思い出です。21歳の誕生日は、新隊員の教官に従事していて、ちょうど新隊員向けの最後の訓練で山をひたすら登っていた時に誕生日を迎えました。毎年訓練ばっかの誕生日で寂しかったので、バックにこっそりロールケーキとコーラを忍ばせ、自分で真っ暗な山で小さく誕生日を祝いつつ、自分の教え子の子たちにもケーキとコーラを分けて、「山で飲むコーラは美味いな!」みたいな変なことをしたのを思い出しました。他にも、毎年夏のこの時期は趣向を凝らしたイベントなり企画なりを毎年なにかしらやってるなと振り返ってみても思い当たるばかりで、誕生日がどうというよりも、そうした企画をしてみんなが楽しんでもらえることが一番なのだと僕個人としては思っているのが本音です。

自衛隊の後は、自分の中で世の中や社会の仕組みを知り、本当に自分がどう生きていくのかを考えたいと思い、自衛隊を辞めて受験をし、大学に入学して東京に出てきました。大学に入ったのは23歳で、周りの同級生の多くは就職したり大学4年生だらけ。高校の時の友人とは、みんな進学して自分だけ就職の道を選んだためほとんど連絡をすることもなく、自衛隊時代の同期とも違った道を選んだため連絡をすることもなく、友人もツテも何もないまま東京に来て、今7年目に突入しています。

今までに色々な方々と公私ともどもやりとりもらっていますが、東京に来て知り合ったみなさんとの出会いが、今の僕を作っていると言っても過言ではないと思います。元自衛官で大学生という変な肩書な時からの出会いの人たちもいれば、Twitterなどを通じて出会った方々、Ustreamなどの映像や配信で出会った方々、編集やライター、メディア関係者として出会った方々、NPOや社会起業の文脈で出会った方々、政治や行政などの文脈で出会った方々などなど、他にも多くの人たちとの出会いを過ごさせていただきましたが、それぞれに立場は違えと、思いや情熱を持って日々過ごしている人たちと、一緒に仕事をしたり遊んだりすることで、今の自分がすべてができてきていると思っています。そうした方々から、何も知らないペーペーの時から、話をしたり教えていただきながら、色々な学びを得られたおかげだと感じています。同時に、自分が周りにどんな恩を返せているのか。まだまだ、多くの方々にご迷惑をかけているものを、早くお返しできるよう精進していきたいと思います。

20代も最後になってくると、若手やら若者とも言えないものになってきました。その中で、自分自身が一体何を人よりも誇れるものがあるだろうか、と日々考えて過ごしています。あまり勉強ができるわけでもなかった学生時代から、さらにインターネットのサービスに触れるのもここ最近の話でありまがら、ITやウェブの未来について考えるようになった今の自分が、時に信じられない時もあります。果たして自分が人に対して何ができるのか、まだまだ人よりも何倍も勉強し、何倍も努力し行動して知識や経験を積んでいかなければいけない、という焦りがずっとありました。そうした意識の中で、東京に来てからずっとがむしゃらにとりあえず突っ走ってきた感も否めませんが、だんだん自分がどう周りに必要とされているのか、どういった方向性で行くべきなのかということが、まだほんのうっすらですが見えてきた気がします。30歳という年齢に向けて、その自分の中でのうっすらと見えてきたものが確証と変わるようにこの1年間の過ごし、そして30歳からの未来に向けて進んでいきたいと思います。

誕生日というのは生きている上で一つの節目の日です。何気ない一日が、自分にとって特別な日になる。自分が生まれた意味を考えると同時に、今の自分がいることを再確認する日でもあります。色々とわがままや無茶を言っている一人息子を育ててくれた両親に感謝しつつ、今の自分を作ってくれている周りの友人たちに改めて感謝をし、そして「これからもよろしく!」と伝え、また今日からの一日を進んでいきたいと思います。

photo credit: Chris-Håvard Berge via photopin cc



Post a Comment

Zenback