2013/06/21

全国初、松山大で期日前投票が可能に。松山市の選挙管理委員会のFacebookページ開設も



夏の参議院選挙を目前に控え、全国でも様々な取り組みがなされ始めています。その中でも、松山市選挙管理委員会の動きに注目したいと思います。

全国初、大学内に投票所を設置
松山市の選挙管理委員会(以下、選管)は、7月に行なわれる参議院選挙にて、期日前投票の会場として、全国初の大学内に投票所を設立することを発表しました。7月4日公示日、21日投票日だとされている参議院選挙に向けて、17日(水)〜19日(金)の午前10時〜16時にかけて松山大学の温山会館一階に開設予定で、松山大生以外の有権者も投票できるそうです。

全国初の大学内での投票所の設置。もともと、若者への投票所への導線や、若い人たちの選挙の身近さを感じる施策、そして投票率の向上を目指して、大学内での投票所設置の議論はされていたのですが、いままでなぜか実現することはできませんでした。

今回の松山大が初ということですが、きっかけは2011年に愛媛県の選管が松山大で開催したワークショップでした。学生が大学への投票所開設の提案をしたのがきっかけで、2013年4月に松山市の選管が松山大に協力を依頼して協議をし、その結果今回の学内における投票所設置へとつながりました。

選管がFacebookで選挙への意識を促進
また、松山市の選管はこれだけではなく、21日にはFacebookページを開設し、少しでも若い人たちに選挙や投票を身近に感じてもらうためのアプローチをおこなうとしています。

投稿する内容として、投票所の案内、開票速報、また期日前投票の方法についてや、選管の普段の仕事の様子などを発信する予定で、これまで裏方として顔が見えない存在であった委員会の様子を発信し、少しでも興味を持ってもらうための方法を模索しています。

Facebookページ開設に至ったのも、今回の参議院選挙から始まるネット選挙の解禁がきっかけであり、ネットを使い少しでも選挙への意識や投票に対する意識を変えていこうという思いからスタートした、職員の方々の思いがあるからだと思います。選管のFacebookページの開設は四国では初であり、今後の活動に注目です。

私たちが選挙に対してできることをそれぞれやっていくこと
大学内への投票所の設置、そして選管のFacebookページの開設という2つの取り組みを始めた松山市。こうした新しい取り組みが、地方から始まっているということはとても注目するべきポイントだと思います。

若い人の投票率の向上に少しでも取り組もうと様々な人たちが試行錯誤しています。また今回の大学内の投票所設置は、学生からの意見がきっかけでもあります。若い人たちが、自分たちで能動的に選挙に対して働きかける動きは、自分たちで未来に対して責任を持ち行動していこうとする1つの現れです。学内でもみんなで投票に行くように呼びかけ、投票に行くことが当たり前、投票に行くことが待ち遠しいと思う若い人たちが増えてくると良いのではと思います。

ネット選挙の解禁は、候補者のアプローチもそうですが、こうした選管や学生たちを含めた私たち自身のアプローチも重要になってきます。アメリカでも、若い人たちの有権者登録を促すRock the Voteの活動も盛んに行なわれています。(アメリカでは、有権者登録を行なわないと投票権が得られないため)。このRock the Voteの活動も、若い人たちが同世代の人たちに対してアプローチをし、若い人たち自身で選挙の問題整理したり、音楽などの身近なものを通じて選挙への意識を高める活動をしています。また、セレブからの協力を仰ぐなど、様々な人たちを巻き込んだ活動にまで発展していっています。

2月におこなわれたアメリカ大使館でのイベントで、Rock the Voteの方が初来日し、日本とアメリカでの若者の投票意識の違いと、どういったアプローチを今後していくべきか、という議論をおこなったイベントあり、そのアーカイブも、こちらで見ることができます。日本の投票率が低い、若者の投票意識が低いと言われていますが、実はあれだけ選挙で盛り上がっているアメリカでも同様の現象は起きています。アメリカはアメリカなりの問題をはらんでいます。

松山市の選管の動きなど、これからの自分たちで選挙や政治に対してアプローチをしていこうとする動きは、もっと活発におこなわれていって欲しいと思います。自分たちがいかにして政治や選挙を身近にできる方法があるか、そして、それを同世代に対して効果的に広げていくかを考え、投票率の向上し、自分たちの考えを政治に反映するための動きがおこなうための方法を、みんなで考えていきましょう。

参考
増やせ 若者の1票 松山大に期日前投票所 松山市選管全国初 (愛媛新聞)
松山市選管がフェイスブック(読売新聞)
松山市選挙管理委員会事務局

photo credit: myJon via photopin cc

Post a Comment

Zenback